業者の選び方

チーズ

害獣業者は、害獣による被害が多くなるにつれて、多くなってきています。
それにより、どの業者に依頼すればいいのかわからないという方も多くいるでしょう。

そこで業者選びのポイントをいくつかご紹介します。

基本的には、それぞれの業者により、駆除内容、駆除方法、費用、時間などは全て異なります。
なかには悪質な業者も存在するので、引っかからないように注意しましょう。

一つ目のポイントは費用の見積もりを無料で行ってくれる業者であるかというところです。
費用はその家の構造や駆除内容で大きく変わってきます。
きちんとした見積もりを出してもらい、駆除内容に相応しいか、納得がいくまできちんと説明を受けましょう。

二つ目のポイントは害獣の生息調査、および駆除後の死骸の処理をおこなってくれる業者であるかどうかというところです。
駆除作業に取り掛かる前に、きちんとその害獣の生態を把握し、本当にいるかどうかの確認、さらに死骸の処理も行ってくれるかどうか確認しましょう。
悪質業者の場合は、このような事前な調査を行わず、いないのにもかかわらず駆除作業をして、費用を請求することがあります。

ここでは二つのポイントのご紹介になりましたが、このような点に気を付けながら業者選びを行うといいでしょう。

ねずみ駆除やアライグマ駆除、その他の害獣駆除も同じく、早期駆除が大切になります。
快適な生活、健康的な体を維持するためにも、きちんとした業者に依頼しましょう。

被害をそのままにしておくと

餌にねずみ

ねずみやアライグマなどの害獣による被害をそのままにしておくことが、一番危険とされています。

害獣の多くは、ねずみやアライグマのように屋根裏に住み着きます。
そのため、そこで繁殖や排泄を行うため、屋根裏の床が腐ってしまう可能性があります。
腐ってしまった床は、支えることが不可能になり、そのまま下へと落下してしまうのです。
害獣が生み出した細菌やカビ、ダニ、排泄物が上から落ちてくるのです。
それがもし、家族が団欒するスペースだったら、と考えるだけでも恐ろしくなりますが、放置すると、このような最悪な状態になってしまうこともあるのです。

このような大惨事は、長い期間放置することで起こる状態ですが、そうなる前でも被害は起きます。

害獣による排泄物はにおいが強く、そのにおいが家中に充満してしまいます。
排泄物により腐った木材から細菌が室内に入ってきてしまうこともあります。

さらに害獣そのものが菌を持っている場合もあるので、その菌やウイルスが原因で病気になってしまうこともあります。
害獣は時として人間の健康まで奪ってしまうのです。

害獣による被害を放置するということは、このようなさらなる被害を促すということになります。
後で早く駆除すればよかったと後悔することがないように、害獣の気配や被害を発見したらすぐに業者に相談しましょう。
ねずみ駆除、アライグマ駆除といった、さまざまな駆除方法で害獣を退治してくれます。

なにもせずに放置するのではなく、まず行動をしましょう。

アライグマによる被害

ねことぬいぐるみ

多く被害を及ぼす害獣に、アライグマも当てはまります。

アライグマは体長60~100センチ、体重4~10キロで、ねずみと比べるととても大きい害獣になります。
ねずみとの共通点には夜行性という部分があります。

アライグマはもともとペットとして飼われていたことがあり、それが飼い主により捨てられたことで野生化し、多くの住宅に被害を及ぼすようになりました。

ねずみと同じく、屋根裏などに生息します。
そこに巣を作り、住み着いてしまうこともあります。

巣を作り、そこに住み着いてしまうと、そこに尿や糞などをします。
その排泄物がそのまま放置され、老廃することで細菌が繁殖し、カビやダニの発生の原因になってしまいます。
アライグマがもたらす一番の被害になります。

さらにアライグマは農作物への被害も多く報告されおり、農作物関係者も困っています。

アライグマは少し大きな害獣のため、自分で駆除に立ち向かって行く勇気がないという方も多いでしょう。
そんなときに力になってくれるのが、このような被害を改善すると同時にきちんとアライグマ駆除を行ってくれる業者です。
ねずみ駆除とは違った、アライグマに適した方法で駆除を行ってくれます。